fbpx

blog

とびきり情報

平戸いのしし牡丹鍋(ボタンナベ)、食べました!

佐世保の特産品平  戸  市松 浦 市
2020.9.13(日)

台風10号が秋をらしさ運んできた佐世保です。

でも今夏の猛暑で少しバテ気味。

そこで、昔から薬食とされてきたボタン鍋を頂きました。

 

「平戸いのしし」をくれた高校時代の同級生から、

「騙されたおもってしゃぶしゃぶで食べてみて!」と言われてましたが、

 

インターネットでボタン鍋の作り方を検索すると、味噌仕立てが基本であり、

「味噌で味付けをしたつゆで煮込むことで独特の風味がやわらぎ、おいしくいただけます。」と書かれています。

 

「イノシシ独特の風味」とは臭みのこと?!

私のいのしし肉のイメージも、臭い!

昔、食べたことがありますが、そのイメージが残っています。

 

イノシシ肉を分けてくれた御恩もあり、

味噌ではなくて白だしのボタン鍋で、平戸いのししの旨味を味わって頂きました。

 

 

子どもは食べれないかもと心配していましたが、

牡丹の花の形に造ったお肉に、興味深々です。

 

 

 

イメージした臭みは、まったくありません。

そして脂身が美味しい!!

 

また、お肉の部位(ロース・肩ロース・モモ)それぞれに、異なった触感と旨味が楽しめました。

 

①ロース肉(ぼたんの真ん中の白い部分)

脂身のたっぷり乗った猪肉の極上部位。

猪肉は脂身が美味しいと言われる由縁のお肉。

 

②モモ肉(ボタンの外側部分)

しっかりとした張りがあり、赤身の中に適度な脂身がある。

 

肩ロース肉(ボタンの花のベースに使用したので、見えない。)

脂身の少ないく、ややかためで味が濃い。

 

 

ご馳走さまでした!

 

 

#平戸いのしし  #いのしし  #ジビエ