fbpx

blog

とびきり情報

針尾島産 黒皮小玉西瓜「ひとりじめbonbon」

佐世保の特産品
2021.7.22(木)

来夏の商材の取材のため、針尾島のスイカ生産者「中村大地」さんの畑へ。

新作スイカ「黒皮小玉西瓜 ひとりじめbonbon」 ●~* ●~*

 

 

撮影本番には、皮だけになってしまった😮

 

包丁を入れた時から、美味しさを感じます。

中を開くと、鮮やかな赤色と甘い香り

緻密な肉質が生み出すシャリシャリ感

そして、甘さが魅力です!

 

 

「ひとりじめbonbon」の名前の由来 を尋ねると、

あまりにも美味しくて誰にもあげたくないという意味で、「ひとりじめ」。
「bonbon」は、スイカを叩いた時の音♪♪
まだ熟れていないと音は甲高く、ボタボタという鈍い音は熟れ過ぎです。
ボンボンという響く音がすれば、中身まで赤く熟れてシャキっとした美味しいスイカです。
つまり「ひとりじめbonbon」とは、
良く熟れてシャキシャキとした食感を持つ、誰にもあげず独り占めしたくなるほど美味しいスイカなのです!!

 

 

スイカは、夏の果物なので寒さが苦手!

冷蔵庫に丸ごと入るのも、小玉スイカの嬉しいところです。

スイカは、夏の果物ですので寒さをきらい、冷やし過ぎるとだんだん甘みが弱まり、美味しさが半減します。

保存する場合は、丸のままのスイカは風通しの良い涼しい日陰(冷暗所)で常温保存して下さい。

スイカを食べるときの最適温度は10℃~15℃。食べる2時間くらい前に、冷蔵庫で冷やすことをお奨めします。

 

今年の夏は「道の駅させぼっくす」で個数限定の販売になりますが、

生産者 中村大地・かおり さんの西瓜を、来夏は全国へお届けしたいな!!