fbpx

blog

Exclusive

Sueyama Shrine (Japanese only)

Arita-town
2020.3.26(Thu)

陶山神社、「とうざんじんじゃ」と思っていましたが、正式には「すえやまじんじゃ」と読むそうです。

 

有田町の街並みを見下ろす大樽に、鎮座する八幡宮で、

「有田焼陶祖の神」として、窯業関係者だけではなく有田町民の崇敬を集めています。

 

私が有田には詳しくないもので、この神社を訪れた時に、びっくりしたことが二つあります。

 

一つは、神社の境内への石段を上ると、すぐ目の前に踏切があったこと。

 

 

それも遮断器がない踏切。一歩踏み出すと、もう線路です。

 

JR九州佐世保線ですが、列車が目の前を通っていきます。

写真を撮っていたら、警笛を鳴らされたのでびっくり!通行や写真撮影には注意が必要です。

 

2020年3月25日撮影

2020年4月2日撮影

撮鉄やるなば、社へ階段を上って桜のすきまから列車を狙うのがいいかもです。

 

二つ目は、大鳥居や狛犬、大水瓶、玉垣が磁器であること。

磁器のふるさと有田町ならではの神社です。

 

 

 

鳥居は、 白磁に唐草模様の染付で作られています。それも原料は有田泉山の陶石だそうです。

また、磁器製の御守まであります。それも、神職の方が焼成されているそうです。

 

今回は不覚にも列車の通過時間を調べず行ったので、次回は桜が満開の時に列車の通過時間を調べて参拝します。

 

西九州させぼエリアの桜の開花情報

https://enjoysasebo.jp/blog/blog_929/